1. HOME
  2. 七五三

七五三

 

無事な成長を祈る

新型コロナウイルスの感染予防対応として、同時間帯のご祈願を4組様までに制限させていただいております。また、社殿にお入りいただける方は、1組につき5名様までとさせていただく場合があります。誠に恐れ入りますが、ご理解の上ご了承くださいますよう宜しくお願い申し上げます。

子供の成長を感謝し、これからの無事を祈って神さまにお参りするのが七五三詣です。 男の子は五歳、女の子は三歳と七歳になる年にお参りします。

古来より、「七歳までは神の子」といわれ、七歳を過ぎてようやく社会の一員として認められる、と考えられてきました。 無事七歳を迎えるまでは子供の生存率が低かったこともあり、尊い数である奇数の年を節目として、お祝いをするようになりました。

当神社のご祭神は、子供の守り神であるコノハナサクヤヒメ。子供の祈願にご神徳があり、ご利益をいただくことができます。

お祝いする年齢には、それぞれ次のような由来があります。

三歳:髪置(かみおき)…剃っていた髪を、この日を境に伸ばし整えたとされます。

五歳:袴着(はかまぎ)…袴を着け始めたことに由来します。

七歳:帯解(おびとき)…付紐で付けていた着物から帯で締める着物にかえました。

境内を背景に写真を撮ってみましょう

せっかくのお参り。境内のロケーションを生かして可愛いお子様の姿を写真に収めましょう。社殿や灯籠を背景に入れると雰囲気が出ます。

  • 番傘を貸し出しています。祈願のときは社殿付近に置いてありますが、見当たらなければ社務所にお声がけください。
  • お手持ちの小物を使って撮ってみましょう。
  • くるくる回って着物を見せたり、ポーズを取ってみましょう。
祈願祭名
七五三
初穂料
五千円(お一人様につき)
お申込み
お電話でご予約ください
時期
年間を通じて祈願できます
☎ 0274-22-2597