1. HOME
  2. 安産祈願

安産祈願

 

炎の中で無事に出産した神さま

ご祭神のコノハナサクヤヒメは、燃えさかる炎の中で無事にお子さまを産みました。この神話から当神社は安産の信仰を集めていて、妊婦は戌(いぬ)の日に安産祈願をしたあと、腹帯を締める風習が今に伝わっています。

なぜ戌の日に安産祈願?

犬はお産が軽く、狛犬のように悪い気を祓うという意味から、5ヶ月目の「戌の日」に安産祈願を行います。ただし、ちょうど5ヶ月目にしなければならないわけではないので、周辺の日付でご都合のよい日をお選びください。
また、戌の日が仏滅に当たる場合は当日を避けて、前後のお日柄のよい日をお選びください。

お守り・腹帯について

安産祈願のあと、授与品として安産お守りと腹帯をお渡しいたします。すでに腹帯をお持ち場合は、祈願のときにご持参いただければ神前でお清めいたします。

代理の祈願

ご本人さまが遠方にお住まいである場合など、参拝が難しい場合は代理の方にご参列いただき、祈願をすることができますのでご相談ください。

祈願祭名
安産祈願
初穂料
5千円
お申込み
お電話でご予約ください
☎ 0274-22-2597